採用情報

若手医師研修システム

当院は若手医師の地域医療研修を行っています!

初期研修医の地域医療研修

若手研修医師

 当院では、初期研修医の地域医療研修を積極的に受け入れており、常時2名程度の若手医師が研修を行っています。
当院は外来診療、入院医療、救急医療、外来診療など、地域に根ざした医療を実践しており、さまざまな場面での研修の場を若手医師に提供しています。
 当院が積極的に行っている在宅医療の研修では、訪問診療や訪問看護や訪問リハビリテーションに同行します。
研修医を対象とした臨床推論カンファレンスでは、当院に近い魚沼基幹病院総合診療部より石山貴章先生を指導医として迎え、診断に至る系統だったプロセスについて学びます。
 病院内だけでなく、当地域の地域包括支援センターや保健所などでの研修を通して、地域医療の枠組みや、地域全体における当院の位置付けも知ることができます。
 1か月の研修を終えた若手医師は、皆、大きく成長して次の研修先へと向かっていきます。

初期研修医地域医療研修のGIO【一般目標】とSBOs【個別(行動)目標】(PDF:680KB)

研修風景(PDF:680KB)

研修医の声~当院での研修を終えて

 

後期研修

当院は、地域医療に先進的に取り組んできた医療機関のネットワークである地域医療研究会の一員として活動しています。
地域医療研究会が有する、日本プライマリケア連合学会の家庭医療専門医プログラムである「地域医療研究会後期研修プログラム」の総合診療研修医療機関となっています。
地域医療を学びたい若手医師の方は、是非お問い合わせください。

研修医担当:大西康史(副院長)