在宅医療

地域医療

地域医療

当院は積極的に在宅医療に取り組んでいます
ゆきぐに大和病院で培った地域医療の歴史を受け継ぎ、障害があっても病気があっても、我が家で暮らし続けたい方々のために、積極的に在宅医療に取り組んでいます。

地域医療部について

当院は地域を支援する5つの部門があり、それらをまとめて地域医療部とし、互いに連携を取りあっています。

  • 地域ケア科

    在宅医療が必要とされるあらゆる方を対象として、医師が自宅へ訪問して診療を行います。自宅で最期の時を過ごしたい方への支援も訪問看護ステーションと協力して積極的に行っています。

  • 地域医療連携室

    地域の保健・医療・福祉と連携し、患者さまおよび地域住民の皆さまが安心・継続性のあるサービスが受けられるように支援していきます。

  • 訪問看護ステーション

    病気があっても自宅で安心して生活が受けられるように、看護師やリハビリテーションスタッフが患者さんの自宅にうかがい、医療面のケアや看護などを行います。

  • 認知症疾患医療センター

    認知症の専門診療の窓口となっています。認知症のケアについてや家族への支援など、幅広い支援を行っています。

  • 在宅医療推進センター

    当院は南魚沼郡市医師会から委託を受けて、当地域の在宅医療の相談の窓口を担う在宅医療推進センターを開設しました。