在宅医療

認知症疾患医療センター

認知症疾患医療センターの紹介

認知症疾患医療センターとは

説明 (職員数・専門外来)

kazuomiyanaga
南魚沼市病院事業管理者
宮永和夫(みやながかずお)

南魚沼市民病院では新潟県から指定を受け、平成23年4月1日に認知症疾患医療センターを開設しました。
本事業は保健医療、介護機関等と連携をはかりながら、認知症疾患に関する鑑別診断、周辺症状と身体合併に対する急性期治療、専門医療相談等を実施いたします。また地域保健医療、介護関係者への研修等を行うことにより、地域における認知症患者様の医療水準の向上を図ることを目的としています。

職員
  • 医師 2名
  • 臨床心理士 1名
  • 相談員 2名 保健師(精神保健福祉士)、認知症看護認定看護師等
特色(取組みなど)

認知症についての専門の医療相談をお受けします。 必要な検査を行い、症状やご家族の状況などを総合的に判断して、治療・リハビリや介護方法等について助言・指導を行います。まずお電話でお問い合わせ下さい。相談員がお話を伺います。
◇専門医療相談、鑑別診断(メモリークリニック)とそれに伴う初期対応
ご本人、ご家族等からの認知症に関する医療相談に対応するとともに、状況に応じて適切な医療機関等の紹介を行います。また認知症の鑑別診断も行い、診断に基づき適切な初期対応を行います。

*相談申込方法:ご来院またはお電話にてお申し付けください。

◇合併症・周辺症状への急性期対応
認知症の行動・心理症状(BPSD)や身体合併症の初期診断・治療を行います。
◇かかりつけ医等の保健医療関係者への研修会の開催
認知症に関する知識の向上を図るため、かかりつけ医等の保健医療関係者への研修を行います。

◇認知症疾患医療連携協議会の開催
地域の保健医療関係者、福祉関係者、地域包括支援センターなどの介護関係者等で組織する協議会を開催し、関係者の連携を図ります。
◇情報発信
認知症に関する正しい知識をご理解いただくための情報発信を行っています。

専門医療相談について

専門医療相談窓口
相談場所 相談室
相談日時 月~金曜日(祝日・第3月曜日)9時~17時
土曜日 9時~12時
相談費用 面接相談:30分以内 2000円(税込)
30~60分 3000円(税込)
60分以上 5000円(税込)
電話相談:無料
相談員 保健師(精神保健福祉士)、認知症看護認定看護師等
連絡先 南魚沼市民病院     代表番号 025(788)1222
認知症疾患医療センター 専用電話 025(772)2604 専用FAX 025(772)2603

認知症疾患医療センター講演会

実施年月 テーマ 講師
23年
9月
認知症疾患医療センターの役割について 厚生労働省
中谷祐貴子先生
23年
9月
認知症の早期診断と治療 群馬大学
池田将樹先生
23年
12月
認知症の新しい動き(院内・八色園) ゆきぐに大和病院
宮永和夫
24年
7月
都市部における“もの忘れ外来” 吉岡リハビリテーションクリニック
宇野正威先生
24年
12月
知っておきたい「認知症」のはなし ゆきぐに大和病院
宮永和夫
25年
3月
認知症地域連携のために~住み慣れた地域で安心して暮らしていくには~「認知症の人と向き合う」 こだまクリニック
木之下徹先生
25年
12月
「我が国の認知症施策の方向と地域における医療福祉と介護の連携」~認知症疾患医療センターの役割と活用を考える~ 医療法人青仁会 青南病院院長
千葉潜先生
26年
2月
「認知症の理解と予防」 地方独立行政法人
東京都健康長寿医療センター
研究所自立促進と介護予防研究チーム
研究部長 粟田主一先生
26年
7月
「認知症の人の医療における意思決定」 ~終末期医療の考え方とその対応および介護事故による骨折と医療~ 講師 弁護士法人龍馬代表
弁護士 小此木清 先生
26年
11月
「若年認知症」~働き盛りのあなたに聞いてほしい認知症の話~ ゆきぐに大和病院
宮永和夫
27年
7月
「自分らしい生き方・逝き方を考える~介護され上手の準備~」 一般財団法人 長寿社会開発センター審議役
石黒秀喜 氏
28年2月 「認知症の介護家族の支援~家族アセスメントを中心に~」 国際医療福祉大学大学院
医療福祉学研究科
臨床心理学専攻 准教授
小野寺 敦志 氏
28年
11月
「私らしい老い支度」 ~フレイル予防から終活まで~ (財)長寿社会開発センター
石黒秀喜 氏
29年
2月
講義Ⅰ「要介護高齢者の口腔ケア」
講義Ⅱ(実技):「要介護高齢者・認知症の人の口腔ケアのコツ」
南魚沼市民病院 歯科医師
羽尾直仁先生
南魚沼市民病院 歯科衛生士
小船井恵理
29年
7月
「自己点検ノートを通じて専門職に伝えたいこと」
~利用者・患者の自己決定支援のツール~
(財)長寿社会開発センター審議役 石黒秀喜 氏
29年
12月
講演1「笑いで認知症予防」~みんなで学ぼう認知症~
講演2 認知症ケアの最新情報「Dカフェ」
トークセッション
東京都立松沢病院 認知症疾患医療センター長 新里和弘 氏
NPO法人Dカフェnet代表理事 竹内弘道 氏

実績

senmonsoudan3006
memorie3006

認知症の地域医療・福祉連携パスとは

認知症の方ご本人の状態に応じた適切な医療・福祉サービス提供の流れについて、初期から末期までの全経過を時系列の縦面と、関係機関相互のルールを作り協働していくという横面をが分かるように可視化したパスポート、手順書のようなものです。

目的

南魚沼市、湯沢町、魚沼市、小千谷市、十日町市、津南町の医療機関、市町村保健福祉行政機関、介護保険の介護サービス事業者など「医療」と「福祉」が連携し、「認知症の本人と家族」を支援することが目的です。「医療」は、かかりつけ医と認知症疾患医療センター、「福祉」は、ケアマネージャー(介護支援専門員)と地域包括支援センターが支援の中心となります。

支援方法

anshintechou

今後は認知症地域連携パス「あんしん手帳」を発行して、ご本人やご家族にこの手帳を携帯してもらい、かかりつけ医や専門医療機関、介護保険サービス機関等の利用時に提示することで、各施設間の情報共有や医療機関の診療連携、福祉と医療の連携に役立てます。

お問い合わせ
担当
認知症疾患医療センター
住所
〒949-6680 新潟県南魚沼市六日町2643番地1
電話
025-788-1222(代表) 025-772-2604(認知症疾患医療センター直通)
FAX/025-772-2603

お問い合わせフォーム