病院のご紹介

NCDデータベース事業について

NCDデータベース事業について

南魚沼市民病院は、一般社団法人National Clinical Database(NCD)に参加・協力しています。

1.研究の概要・目的

関連する多くの臨床学会が連携し、立ち上げた一般社団法人 National Clinical Database(以下NCD)は、わが国の医療の現状を把握するため、データベース事業を行っています。
NCDでは、体系的に登録された情報に基づいて、医療の質改善に向けた検討を継続的に行います。
NCD参加施設は、日本全国の標準的成績と対比をする中で自施設の特徴と課題を把握し、それぞれが改善に向けた取り組みを行います。

2.登録される情報の内容

登録される情報は、日常の診療で行われている検査や治療の契機となった診断、手術などの各種治療やその方法などです。
これらの情報は、それ自体で患者さん個人を容易に特定することはできないものですが、患者さんに関わる重要な情報ですので厳重に管理されます。

3.本事業への参加について

NCDへの参加は、患者さんの自由な意思に基づくものであり、参加を望まない場合は、データ登録を拒否して頂くことができます。
なお、登録を拒否されたことで、日常の診療などにおいて患者さんが不利益を被ることは一切ありません。

詳しくは、NCD事務局のホームページの(学術研究へご協力のお願い_PDF)をご参照ください。